FC2ブログ

特撮倶楽部~ソイレントグリーンの部屋~

趣味のグッズの公開、同じ趣味の人たちとの交流。よかったらコメントお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

迫撃!!トリプルドム

同じキット、皆さんは最高、何体組み立てたことありますか??
私は、3体です(-_-;)

本日はこちらをご紹介・・・

DSCF1448.jpg

「HG1/144 黒い3連星 トリプルドムセット」です。今回も単純にHGの3体セット・・・・と思いきや!!
なんと、本来のHGには付属している、リックドム用のコンパチパーツが付属していないんです(T_T)

オデッサから宇宙へは行けないんですね・・(T_T)/~~~その代わりに透明で再現されたバズのエフェクトパーツ、オルテガハンマー(これ正式名称なんでしょうか??(^_^;))が付属しています。

各機、マーキングシールで、ガイア機、マッシュ機、オルテガ機を再現可能です。

キットは、このセット用のオリジナル成型色らしいんですが、通常版を私は組んだことがないため、違いがわからないんですが・・・(^_^;)

このセット、3体を並行して組んだんですが、開封してみると、全パーツがドバッと一気に入っており、不親切な感じでした(*_*)パーツを分けて、足を3つ、手を3つ・・みたいな感じで組み立てていきました。

ドム自体がシンプルな構造でパーツも大まかなため、さほど時間はかかりませんでしたが(*^^)v

以前、3連星のザクをご紹介しましたが、ザクの方が複雑で時間もかかりました(^_^;)

しかし、専用機(ドムは後々量産化されましたが・・・)というのは、何とも言えない魅力を持っているもので
あらゆる時代のガンダムの中に、そのキャラ(←スーンじゃないですよ)の個性を表現した素晴らしい機体も多く
そのキャラ=そのMSって図式が出来上がっています。

そういう魅力的なキャラにまた出会いたいもんです!(^^)!

1年戦争の主要MSってHGではだいたい揃ったかんじなんですかね?最近はメッサーラなんかも発売されて、どんどん補完が進んでいる様ですが・・・(^u^)

ミデアも付属していたらいうことなかったんですが・・・まあでも大きなパッケージに独特の特別感がありますよね

ではまた次回お会いしましょう(^^)/
スポンサーサイト
玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

「光」の原点

ドン!キュュュュュゥ~ドン!
独特の効果音とともにウルトラQのタイトルバックが破れて・・・

そう、皆さんご存じ、「ウルトラマン」の始まりです。
本日紹介するのはこちら・・・

DSCF1671.jpg

「海洋堂 40センチ ウルトラマンCタイプ 」です(*^^)v
上級者向けとされる、ガレージキットの部類ですが、リサイクルショップの中古品を購入。
パッケージがボロボロだったため、破格で購入!(^^)!
早速、風呂に一緒に入って、離形剤落としをしました(^_^;)

「究極のウルトラマン」といわれるこのキット。玄人好みのAタイプではなく、一般的なCタイプ。
塗装済みの完成品でして、パーツを組むだけで完成。

究極の造形美をお手軽に入手出来るのは良い事です(*^_^*)
確か同じシリーズで、セブンやティガも発売されていたはずです。

海洋堂は、地元関西で、私の住んでる所からも近いんですが、何度もリボルテックなんかでお世話になっています。

しかし、50周年のアニバーサリーイヤーに、偶然、「御神体」とも呼べそうな品を入手出来るとは、これは、もう、一生続けなさいと神に命じられているかのようです(-_-;)

まぁ、そう簡単にはやめれないんですが・・・
高級品であるこのキット、気合いを入れて製作したいと思います(*^^)vなんせガレージキットなんて随分久しぶりなんで緊張です(^^ゞ

ガレージキットでは、ソフビ化されていない、怪獣たちがラインナップされており、小さい頃には、今は亡きB‐クラブの広告ページを指をくわえて眺めていたものです。

あれから数十年・・・ようやく、手に入れることが出来ました。京本コレクションを彷彿とさせるビックスケール、美しいボディライン、細部まで再現されたスーツ、「究極のウルトラマン」を堪能したいと思います(*^^)v

では、また次回お会いしましょう(^^)/
ソフビ | コメント:1 | トラックバック:0 |

連邦軍、3体の「切り札」

「Ⅴ作戦」のⅤって「ビクトリー」のⅤですか??(^_^;)
英語でいうと「オペレーションビクトリー」(・_・;)なかなかカッコのいい響きですね(*^_^*)

というわけで、今回はこちらをご紹介します・・・

DSCF1452.jpg

「1/144ガンダムⅤ作戦セット」です(*^^)v
ファーストを語る上で外すことの出来ない3体のセットです。

単純に3体もセットなんですが、オリジナルデカールなんかが付属しているくらいですかね(^_^;)
値段もそのまま3体分(^^ゞまあそうでしょうが・・・

キット自体は随分前のHGなんで、出来は正直、あんまりですが・・・
ガンプラのセット売りは、時期を逃すと入手しにくいため、随分前に入手しておいたモノです(*^^)v

以前購入した「Gアーマー」と合わせて「ガンダム」が2体になってしまい、どうしようか考え中です・・・

ガンキャノンは大地に踏ん張る、ハンドパーツが付属しています。

ガンキャノンもガンタンクも、作るのは今回が初めてだったんですが、案外、あっさりした作りで「HGってこんなんだっけ?」という感覚。

それだけ、最近のHGは複雑なってきたということですよね(^_^;)
欲をいえば、「ガンダムハンマー」も付属して欲しかったですね((+_+))

まあ、豊富なオプションがあるのはガンダムくらいで、ガンキャノンとガンタンクはシンプルなもんです(^_^;)
ガンダムの物語の原点となったこの3体のMS。不満点は、仕方がないんでしょうが、コアブロックシステムが簡易化されていたところくらいでしょうか(^_^;)

最近のガンダムを見慣れていると、あまりにシンプルな3体に逆に魅了されるはず・・・

ではまた次回お会いしましょう(^^)/






玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

新たなる光の巨人へ

絶賛、放映中の「ウルトラマンギンガ」
500円ソフビの売れ行きも好調の様ですね(*^^)v

今回はこちらをご紹介します
DSCF1665.jpg

「DXギンガスパーク」です(*^^)v
主人公のヒカルが、ギンガにウルトライブする際に使用する変身アイテム。

主人公の家の神社の御神体として保管されていました(^_^;)ただ、今までと異なるのは、500円ソフビの足裏や今後発売される、関連商品についている「ライブサイン」を読み取ることが出来るという点でしょう!(^^)!

デザインとしては、ティガのスパークレンスに似た形状ですね。
ギミックは・・・

DSCF1666.jpg

この様に両サイドが展開。ワンタッチアクションではないのが残念なトコロ(-_-;)手動なんです。

そして・・ギンガにウルトライブ!!

DSCF1667.jpg

両サイドが開いた状態で、ボタンを押すと、ギンガの顔の意匠のリレーフが展開。このアクションは、なかなか小気味良く良い感じです。
ねじ穴・・もう少し配慮してほしかったですね((+_+))

この商品、ギミック的には、今までの変身道具とあまり変わらないですが、本領発揮は、何といっても「ライブサイン」を読み込んでの内蔵音声にあると思います。

各ウルトラマンの変身音の忠実な再現、怪獣の読み上げ音声、何種類の音声が収録されているのか不明ですが、どうです??これだけでも買う価値ありでしょ??

ソフビとエッグにあるサインをスキャンするだけでも、楽しいですよ!(^^)!
劇場版の情報もチラホラ入ってきて、期待も膨らむギンガ、今後の展開が楽しみです。
限定ライブサインなんか今後あるかも・・・ですから、皆さん、イベントには持参していった方がいいかもです。

ではまた次回お会いしましょう(^^)/
玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

恒点観測員と帰還したヒーロー

好評、放送中の「ウルトラマンギンガ」皆さんは、ご覧になってますか??
スパークドールズが降り注ぐ山、私も散策しに行ってみたいモノです(^_^;)

本日はこちらをご紹介・・・

DSCF1642.jpg
DSCF1644.jpg

スパークドールズこと「ウルトラヒーロー500」の「ウルトラセブン」&「ウルトラマンジャック」です。
前回は、初代マンと隊長の2体を紹介しましたが、こちらの2体も大きな造型面での変更点は無く、安定の出来です。

タグも・・・

DSCF1643.jpg
DSCF1645.jpg

箱入りの時はどんな絵でしたっけ??帰マンはムルチにまたがってたのはおぼえているんですが・・・(^_^;)
2人ともタグデザインも一新されています(*^^)v

あとの変更点は足裏のライブサイン位でしょうか・・(-_-;)
相変わらず、帰マンのブレスレットは塗装されていませんが・・・(T_T)

まぁ、2人とも、お相手の怪獣、新しいメンツがラインナップされていますし、遊びの幅も拡がるというモノ。

劇中でも登場するであろう、6兄弟、最優先で確保となりました(*^^)v

では、また次回お会いしましょう(^^)/


ソフビ | コメント:1 | トラックバック:0 |

正義の名のもとに

父と子を決別させた戦争、最愛の人を守り抜いた戦争。友と手を取り合った戦争。
幾つもの想いが交錯しながら、終結へと向かいました。

今回はこちらをご紹介・・・

DSCF1663.jpg

フリーダムといえばジャスティスということで「RG1/144 ジャスティスガンダム」です(*^^)v
地球連合にもザフトにも属さない第三の勢力となったジャスティス。

フリーダムとともに核エンジン搭載のこのMS。アスラン駆る、いわゆる、「2号メカ」です。
何といっても、私のイチオシのシーンは「暁の宇宙へ」でのフリーダムとジャスティスの手を取り合うシーンですね。

良く良く、このキットの説明をみると、出来るじゃないですか!!そのシーンの再現!(^^)!
専用ハンドパーツが付属してます。

ジャスティスも、問題なくミーティアにドッキング可能。相性バッチリです(*^^)v

今更ながら気づいたんですが、ジャスティスとフリーダムのライフルとかサーベルって、まったく同じでカラーリングが異なるだけなんですね(・_・;)

フリーダムが遠距離使用ならジャスティスは接近戦用といった趣きでサーベルはもちろん、ブーメランなんかも装備してます。

背部の「ファトム00」も忠実に再現されており、可動もスムーズ。もちろんライドオンすることも可能です。
「1号メカ」であるイージスの意匠をほんの少し(^_^;)だけ引き継いだジャスティス。ちょっとZ顔だと思うのは私だけでしょうか??

キラとともに、まだ見ぬ戦地へと赴き、大きく成長を遂げるアスラン。

続編のデスティ二―では序盤の主役といっても過言ではない役回り。そして、最終クールにかけては、キラとともに
番組乗っ取り!!なる快挙を成し遂げます(^_^;)

皆さんは、キラ派ですか?それともアスラン派?

では、また次回おあいしましょう(^^)/
玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

蒼天の剣

やがて来る驚異に備えて隠れ家の地下に隠してあるMS。シチュエーション的にワクワクしますよね(^u^)
平和に、ひっそりと生活しようとしていた、少年の前に、再び戦火の嵐が・・・

少年は意を決し再び戦火の中へ・・・
本日、紹介するのはこちらです

DSCF1662.jpg

「RG1/144フリーダムガンダム」です。
いや~RGですよ。疲れましたよ(^_^;)極限までのリアル「本物」を追求したモデル。
HGやMGとはまた違った路線ですね。

このフリーダムは随分前に購入していたんですが、先日のミーティアに合わせて急いで製作(^_^;)
どうせ、ドッキングさせるんなら、RGでしょ。ということです。

キットに関しては、文句のつけどころは、ほとんど無し。今のところ、ハイマットモードで放置しても、自重で
閉じる・・なんてことはありません。ミーティアとの相性も保持力抜群で問題なし。

まさに「究極のフリーダム」です(*^^)v
情報量満載の1/144スケールですね。

劇中では、危機一髪のアークエンジェルの眼前に颯爽たる初登場を飾り、ジャスティスとの連携攻撃で数々の敵を
撃破。華々しい活躍を果たします。

ただ、SEEDの時は結構被弾してるんですよね(^_^;)腕やられたり、頭無くなったり、現に、プロヴィデンスとの最終決戦では頭部がありませんでしたし・・(-_-;)

デスティニーまでくると、無双っぷりに拍車がかかり、襲撃してきたMSをダルマにしたり、アスラン駆るセイバーを瞬殺(T_T)まさにチートキャラの領域でしたね!(^^)!

ミーティア、プロヴィデンス、フリーダム、最終決戦の役者は揃いましたよ(^v^)

では、また次回お会いしましょう(^^)/


玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

新ソフビ、只今、参上!!

「新たなる光の巨人」なんて良い響きでしょう(*^_^*)
夏のウルフェスの予定は皆さん、立てましたか??

遂に放送が開始されました「ウルトラマンギンガ」第1話ですが、みなさんいかがでしたか?
ブラックキング萌えになった人も多いはず(^_^;)

その劇中で印象的な登場を果たした「スパークドールズ」
新たなスタートを切ったソフビシリーズをご紹介します。
まずは、この2体から・・・・

DSCF1638.jpg
DSCF1640.jpg

隊長と長男の登場です(*^^)v

まずはゾフィーですが、840円サイズと大きな変更点は無く、そのままダウンサイジングした様な出来です。
ボディデザインはメビウス版準拠になった様子。腹部のⅤ字ラインがキレイです。
ああ・・さこっち(T_T)

そして、マン
こちらも大きな変更点は無く、小さくなったのみ。拳も握り手のままです。

一新されたタグもご紹介・・・
DSCF1641.jpg
DSCF1639.jpg
何気に保管に困るんですよね・・(-_-;)この形。タグの写真も有名なスチールからの抜粋です。

新たなスタートということで、怒涛のラインナップに、追いつけていない私ですが、あせらずとも定番商品なんで、大丈夫でしょう。

心配なのは840円シリーズ、地元スーパーでは「3体¥1000」なんかで特価販売されていますが、買い逃しのある方はお早めに・・・ホントになくなるのが寂しいシリーズですけどね(T_T)

どんどん増える500シリーズ、頑張ってコレクションしていきたいと思います(*^^)v

ウルフェス限定も500シリーズに決定したようです!(^^)!

では、また次回お会いしましょう(^^)/
ソフビ | コメント:1 | トラックバック:0 |

「俺は、キラほど上手くないんでね」

先日は、グフを紹介しました。
その中で、「主人公の成長」なんて言葉を使いましたが、そのしきたりは新世紀に時代は変わっても、受け継がれて
いる様子。

暑い日が続く中、今回も砂漠に関連ある機体をご紹介します・・・

DSCF1660.jpg

はい、「砂漠の虎」ことバルトフェルド隊長の専用機体「1/144 ラゴゥ」です。
SEED前半のクライマックス、キラのストライクと激戦を繰り広げました。個性的な(←褒め言葉)パイロットスーツ
を着て(^_^;)最後は壮絶な爆死を遂げたと思いきや、後半でまさかの再登場!!

「キミも、死んだ方がマシなクチかね?」なんて名セリフですよね(^_^;)
後半ではエターナル艦長も務め、自らも前線に立つ戦士として描かれたバルトフェルド。

続編のディスティ二―でも、ムラサメ、ガイアガンダムとカスタマイズされた機体の乗って登場します。

このラゴゥ、放映当時は発売されなかったんですよね??今回のラインナップ見直しで、見事定番入り(*^^)v
人気のある機体なのに・・と思っていたので、嬉しい限りでした。

キットは、同じシリーズの他のMS達と比較するとやはり、新しく作られただけあり、出来は良好。
ラゴゥ特有の鮮やかなオレンジも見事に再現。

脚部のキャタピラも正確に再現されています。バルトフェルド専用機の赤いガイアガンダムを変形させて並べてみると面白いかもしれませんね(^u^)

現在、放映中のディスティニーのHDリマスター版ですが、ついこの間は、遂にフリーダムが登場。
バルトフェルドの、サイコガンもどきも観れました(^_^;)

では、また次回お会いしましょう(^^)/

玩具 | コメント:2 | トラックバック:0 |

「天帝」の名を持つガンダム

ラスボス特集!!というわけではないんですが・・
先日、ミーティアを紹介しましたよね。もう流れが読めてきましたか??(^_^;)

そう予想通り、遂に購入となりました。こちら

DSCF1659.jpg

「1/144プロヴィデンスガンダム」です。コズミック・イラのラスボスこと「ラウ・ル・クルーゼ」が搭乗した
最後の機体です。

まずは、その外観、禍々しい神を思わせるシルエットで、最終兵器としての威圧感は満点ですね。
それに合わせて、キットもなかなかのボリュームで再現されています。

最終決戦、キラVSクルーゼの対話になっていない、意見の応酬、そして、結構良く、被弾するフリーダム。
あの戦闘を観ていると、デスティニー最終回のストライクフリーダムVSレジェンドガンダムなんて、御遊戯みたい
と感じませんでしたか??

まぁそれはともかく、最近はそうでもないかもしれませんが、ガンダムでラスボスがキット化されるというのは嬉しいモノです。

キット化しようのない超ド級のものなんかもありますし・・・(^_^;)

中身を観てみると、結構前のキットなんで仕方のない事なんですが、個人的に少し頭部が小さいのが気になりました。
背中のドラグーンについつい目が行くというのもありますが・・・

同じシリーズではそうでもないのかもしれませんが、RGのフリーダムやジャスティスと並べると、やはり、ちょっとカワイそうですね(T_T)

同系機でありながら、プロヴィデンスは欲しくなるのに、レジェンドは欲しくならないのは、なぜでしょう??(あくまで個人的見解ですが・・・)

まあ、いろいろ書きましたが、良いキットに変わりはないので、おススメですよ!!

では、また次回お会いしましょう(^^)/
玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

想いだけでも・・・力だけでも・・・

あらゆるものを引き裂く戦争、親子、恋人、親友・・・
「ヤキン・ドゥーエ戦」の一幕もそんな悲劇の連続でした。
コズミック・イラ・・・戦争の鎖を断ち切るべく行われた戦争・・・

ナチュラル対コーディネーター、双方の想いが錯綜する宇宙でした。

本日のご紹介はこちら・・・

DSCF1655.jpg

放送当時も最大級のアイテムとして発売!!皆様のご近所の量販店の最上段に君臨してはいませんか??(^_^;)

「HG1/144フリーダムガンダム&ミーティアユニット」です。

これだけを購入しても、すぐに遊べるように、フリーダムもセットになっているという親切仕様。
まぁ、箱の大きさもさることながら、収納場所に、頭を抱えています(^_^;)

まぁ、何にしても、ミーティア装備のフリーダムとジャスティスを並べて飾るのは長年の夢だったので、めでたく成就というわけです(*^^)v

プロヴィデンスが欲しくなる欲望を抑えつつ、とりあえずミーティアを確保しました。

このミーティアやデンドロビウムの類は大人の道楽の証明(*^^)v子ども達にはなかなか手が出しにくいモノですよね。

最終決戦における、フル装備なんて、熱くならずににはいられませんよね(^u^)

とにかく、圧倒的なスケールで、自室を占領するアイテム、皆さんもいかがですか??(^_^;)

SEED版のミーティアのキットは発売されているんですが、同スケールでデステ二ィー版のミーティアは発売されていないんですね(-_-;)

微妙なマイナーチェンジがなされて、クライマックスに登場しましたね(・_・;)是非とも発売してほしいものです。
あっ、後、同スケールのエターナル艦首型ディスプレイスタンドとかね!(^^)!

しかし、余ったフリーダムどうしよ・・・(-_-;)

では皆さん、また次回お会いしましょう(^^)/
玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

非公認VS公認歌合戦!!

最近は「音楽の日」なんてのが出来たらしいですよね(^_^;)
私も今回久々にCDを購入しました(*^^)v

そのCDがこちら・・・

DSCF1656.jpg

非公認戦隊よ永久に・・・
ということで、無事(?)大団円を迎えた「非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」ですが、遂に発売されましたね!(^^)!

待ってたんです(*^^)vエンディングを集めたアルバム。
ご存じの方も多いとは思いますが、この番組、エンディングは毎回、歴代戦隊の挿入歌をメインキャストがカヴァーして歌い上げるという、垂涎のアルバム(*^^)v

おススメは、アキバイエローが歌う「ファイト!!サンバルカンロボ」です!(^^)!
他にも戦隊マニアなら、思わず、口ずさんでしまう歌ばかり。まれに斜め上を行くチョイスもありますが・・・((^^ゞ

歌唱力も、皆さんなかなかのモノで感心してしまいます。
この商品、通常版と豪華版があるんですが、豪華版には、カヴァーのオリジナル楽曲も収録されています。

勿論、私は「豪華版」をチョイス、まぁ「豪華版」しかなかったんですが・・((+_+))

番組の内容もさることながら、このCDだけでも、独特のアキバレンジャーの雰囲気が十分に味わえる逸品に
なってます。

女の子が、バリバリの特ソン歌うのって萌えますよね?そんなことないですか??(^_^;)
私は萌えます(断言)((+_+))

最後にちょっと番外・・・オリジナルの獣電池が入手できたので紹介します・・・

DSCF1657.jpg

ジュウレンジャーは食玩、ボウケンジャーは獣電池ばんそうこうに付属に獣電池です!(^^)!

あまり、音楽CDを紹介することは、最近無かったんですが、久々の名盤に出会えたため、かかせていただきました。

では、また次回お会いしましょう(^^)/
音楽 | コメント:1 | トラックバック:0 |

「ザクとは、違うのだよザクとは!!」

暑い・・・そんな言葉しか最近出てきませんね(^_^;)
8月、9月はどうなることか・・・

本日、紹介するのはこちら・・・

DSCF1631.jpg

「HGUC1/144 グフ」でございます。
砂漠の様な暑さが続く中で、まさにうってつけでしょ??

同じグフでも今回はB3じゃないんですよ。あえて初代で。

1年戦争において、「軍人」という職業を体現した様な男、「ランバ・ラル」の愛機です。

アムロはこの局面でも大きな成長を遂げることに・・・
ハモンとの大人のやり取りも印象的でした。このランバ・ラル、MS戦だけでなく、アムロとの生身での対峙で見せる余裕、白兵戦をも辞さない戦術家でしたね。

ガンダムにおける、主人公が「戦争」という大きな矛盾を抱えた壁に当たるとき、時には討たねばならん相手として、時には仲間として「大きな成長」を促す人物がいます。

ファーストではそれが、このラルだったのではないでしょうか??

ほら、皆さん、思い出して下さい。ラル亡きあと、グフが量産機として出てきますよね??
活躍シーンとか覚えてますか??(私は覚えてません(^_^;))

まぁ、キット自体は随分前のモノなので、現在のHGと比較するのは酷でしょう((+_+))

それでも、砂漠に颯爽と起つグフの勇士をお手軽に味わえる一品でした!(^^)!

では、皆さんまた次回お会いしましょう(^^)/
玩具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ウルトラダイナマイトを使う!!

本日紹介するのは、ウルトラの父&母の唯一の実子、光の国のプリンス(勝手に命名)といえばこの人!!
かつて、私の中では「永遠の末っ子」というイメージが払拭出来ないでいました(^_^;)
ま、私、一人っ子なんで末っ子の気持ちワカラナイんですが・・・

DSCF1652.jpg

ウルトラエッグ最新作「ウルトラマンタロウ」とテレビマガジン8月号の付録「ウルトラヒーロー500 ウルトラマンタロウ ウルトラダイナマイトバージョン」です。

なぜ、今、タロウプッシュなのか??答えは簡単、ギンガの中で、唯一会話の出来るスパークドールズなんですね。冒頭にも書きましたが、末っ子のイメージが強かったタロウですが、メビウスの教官というイメージが定着してからですかね(^_^;)

何かと話題には上がりますが、まだ、人間体と共演出来ていないウルトラマンです(*_*)

ウルトラエッグの方もプロポーションはこちらの通り・・・

DSCF1653.jpg

もう、ウルトラマンタイプの変形は大きな変化はありません。
これで、近日発売のバードンを迎え撃てるというものです(*^_^*)(肝心の隊長が・・・)

アクトも6兄弟が揃った様で、マントも売れてるみたいですね。

タロウとギンガの共闘が観られる日も近いのかもしれませんね!(^^)!
まあ、メビウスでのウルトラ兄弟の客演がものすごく良過ぎたのも記憶に新しいですよね(^u^)

もう少しでウルフェスも開催され、夏、本番ですね(*^^)v

それでは、また次回お会いしましょう(^^)/

ソフビ | コメント:1 | トラックバック:0 |

新たなる光との出会い

新しいモノの登場は、いつも突然です。

新たなるヒーローもしかり・・・
月日が経つのは早いもので、気が付けばもう7月・・・ゼロに替わり、新たな光の戦士が・・・



そう、次週からの「新ウルトラマン列伝」の中で放送予定の「ウルトラマンギンガ」です(*^^)v
また、新たなウルトラマンのテレビシリーズが観れるのは、嬉しい限り!(^^)!

ゼロが、華々しい銀幕デビューを飾ったのが2009年。あれからもう、4年になるんですね(・_・;)
本当にお疲れ様でしたね(^_^;)

早速、ソフビ関連に大きな変更があったため、購入してまいりました!(^^)!

まずは、皆さんご存じだとは思いますが、今までの「ウルトラヒーローシリーズ」&「ウルトラ怪獣シリーズ」は店頭在庫限りで終了となる模様(*_*)

新たに、サイズをコンパクトにし、「ウルトラヒーロー500」と「ウルトラ怪獣500」に名称変更
そして値段も500円にプライスダウンです。

正直いうと、今まで、集めていたコレクターにとっては・・・涙目ですよね(T_T)(←私もその一人です)

タグも一新・・小判型になりました。

DSCF1651.jpg


とりあえず、予算に限りがあるため、6兄弟とギンガ、ジャンナイン、怪獣の方は、ゴドラ星人、大活躍すると噂のブラックキング、新規造形のラゴン、そしてケムール人の以上を購入。

まぁ、気長に仕切り直しをするとしましょう。

このソフビ、本領発揮は、これからで、近日発売予定の変身道具「ギンガスパーク」に対応し、ボイス&サウンド
が発動!!ということで、期待大です。

足裏には「ライブサイン」があり、そちらを読み取る模様ですね。
ストーリー展開も気になるギンガですが、このソフビ(劇中ではスパークドールズと呼ばれています)が
重要なキーアイテムに!!ということで続報を心待ちにしています(*^^)v


では、6兄弟と一緒に・・・ニューヒーロー!!

DSCF1636.jpg

ではまた次回お会いしましょう(^^)/
ソフビ | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。