FC2ブログ

特撮倶楽部~ソイレントグリーンの部屋~

趣味のグッズの公開、同じ趣味の人たちとの交流。よかったらコメントお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

特撮のDNA!!

技術がいかに発展しようとも、職人が造り出すモノ、表現は尽きることはない
過去を活かし、現代に紡ぐ、映像の世界の進化というDNAは果てることなく
成長し続けていく・・・

前回から引き続き、明石市立文化博物館で開催中の「特撮のDNA展」
の様子をお伝えいたします。

前回は一階展示スペースをメインに紹介しましたが今回は二階展示スペースへ・・・

まず、出迎えてくれるのは・・・

DSCF3897.jpg

新たな試みで生まれ変わったゴジラを描く「アニゴジ」ことアニメ版ゴジラから最新作、「星を喰う者」の
メインビジュアルポスターです(^^)v

年内での完結でよかったですね!(^^)!

すぐ横には・・・

DSCF3898.jpg

過去2作もしっかり展示されていました。あらすじや世界観もネタバレにならない程度に紹介
されていましたww

すぐ後ろを振り返ると・・・

DSCF3900.jpg

ミレニアムゴジラとレインボーモスラの大迫力ジオラマが!(^^)!
多分「G博」に展示されていたものと同じかとw

その横には・・・

DSCF3901.jpg

歴代ゴジラを演じられた、スーツアクター故中島春雄氏のパネルが( ˘ω˘ )
スーツの装着方法も写真で紹介されています。

続いては・・・

DSCF3910.jpg

ゴジラと双璧をなすスター怪獣「モスラ」のミニチュアが展示されています。
コンテやパネル展示など貴重な資料も満載!(^^)!

ジオラマの後ろには・・・

DSCF3908.jpg

とても、カメラのフレームに収まらないほど、圧巻の歴代ビジュアルポスターが壁面一杯で展示されています!(^^)!
その横には・・・

DSCF3909.jpg

モスラも・・・作品数がちがうのでコンパクトですw

展示物も・・・

DSCF3913.jpg

バダラギ様やバラゴンのひな型なんかも展示されており、お腹いっぱいの内容です( ;∀;)

そして・・・

DSCF3906.jpg

東宝特撮、もう一人の看板役者「ラドン」の頭部も展示されています。

バリエーションごとに好みがわかれるところですが、私は何といっても九州を
蹂躙した初代の雄姿が一番の好みだったりします(^^♪

すぐ横には・・・

DSCF3904.jpg

スクリーンで見たときは息絶えた姿だけであったカメーバもこうして間近で見ることができ感動して
しまします。スクリーンに映ったのは少しでしたが、是非近くで堪能してください(^^)v

そして堂々の復活を果たす「ゴジラ1984」より・・・

DSCF3905.jpg

知る人ぞ知る「サイボットゴジラ」の頭部もw
あの躍動的な84ゴジラの動きはすべて、この技術のおかげですからね。

それから・・・

DSCF3907.jpg

歴代ゴジラも揃い踏み(^^♪

どの造形物も今にも動き出しそうな感じですね!(^^)!

ヒレや腕も・・・

DSCF3912.jpg

こうして細部までじっくりと観察できるのはこういったイベントの醍醐味ですね。

そして個人的には・・・

DSCF3902.jpg

「VSシリーズ」での最初の好敵手であるビオランテでしょうか!(^^)!
ついこの間、ソフビにもなり、また知名度があがったんではないでしょうか??
作品自体も人気のある作品ですね。

数々の展示物で十分すぎるほどの目の保養をしてw
お見送りしてくれるのは・・・

DSCF3914.jpg

ミレゴジでしたww
上半身アップモデル、デザイン発表当時は、賛否両論でしたが、この爬虫類っぽいフォルムに
魅了された方も多いのでは(;''∀'')

充実した作品数で本当に満足度の高いイベントだったように思います。
これで暑くなければ最高でしたが(;'∀')

帰りの明石駅にも・・・

DSCF3874.jpg

案内がありましたんで、初めての方もわかりやすいかと
アクセスは駅から徒歩5~6分でしょうか。

私は反対方向に進んでしまい、ちょっと探しましたが(;'∀')

帰りは・・・

DSCF3918.jpg

キングジョーも上陸した神戸へ
ウルトラマンショップで限定ソフビを購入し、観覧車にのり、観光客を満喫し
地元へ戻ったのでしたw

開催期間ももう少しですので皆様も少し足をのばされてみては如何でしょうか??
特撮ファンなら後悔はしないと思います!(^^)!

ではまた次回おあいしましょう(^^)/

スポンサーサイト
雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |

特撮のDNA!

世代を超えて受け継がれる「匠」の技
人々の胸を躍らせるのはいつの時代もそんな映像の技
映像の中に思いを馳せたあの時代へ・・・

本日はこちらをご紹介・・・

DSCF3875.jpg

気が付けばもう8月も終盤に差し掛かりますが、一向に涼しくならず相変わらずの猛暑が続いて
いますね(*_*)

そんな中今回出掛けたのは「明石市立文化博物館」で開催されている「特撮のDNA展」
です(^^)v

う~ん!(^^)!楽しみにしてたんですよ。関西にでこの手のイベントが開催されることは
なかなか少ないんで(^_-)-☆





DSCF3876.jpg

展示スペースに入ってまず迎えてくれるのは、昭和のFWこと「メカゴジラの逆襲」に登場した
「メカゴジラⅡ」です(^^)v
両腕の「MG2」のエンブレムがいいですよね!(^^)!

スペースチタニウムの装甲でできているMG2、ゴジラと死闘を繰り広げましたね。
ひと際、際立つ存在感。なかなかの迫力です。

後ろを振り返ると・・・

DSCF3881.jpg
DSCF3887.jpg

川北監督のディスコグラフィーとでもいうべき「超星神シリーズ」のプロップや「ガンヘッド」や
「ゴジラVSスペースゴジラ」に登場したモゲラもありました!(^^)!

人間側の兵器として登場したモゲラ、オリジナルもいいんですが、こちらも私は大好きです。

横にも・・・

DSCF3888.jpg

東宝特撮シリーズに欠かせない防衛兵器!(^^)!
ファンには堪らない「メーサー戦車」ですね。「サンダ対ガイラ」での木々をなぎ倒す映像は
何度見ても迫力満点です(^_-)-☆

他の作品のメカも展示されていましたよ。

次の展示スペースでは・・・

DSCF3886.jpg

こちらもファンには堪らない、「ゴジラ対メガロ」に登場したJJことジェットジャガーのマスクも
こんなに近くに見ることができます(^^♪

さらに・・・

DSCF3893.jpg

内部図もww
なかなか貴重な資料ではないでしょうか( ;∀;)

お次は・・・

DSCF3895.jpg

「海底軍艦」より、「轟天号」の登場です(^^)v
横には「ムーンライトSY-3号」もww

なかなか豪華な共演ですよね。
轟天号に関しては先端のドリル部分も細部まで見ることが出来ます。

上を見上げると・・・

DSCF3890.jpg
DSCF3915.jpg

JJ、バラン( ;∀;)に流星人間ゾーンのゾーンファイターまで( ;∀;)

まさにマニア心くすぐる三人のいわゆる「飛び人形」が迎えてくれます( ˘ω˘ )

後ろには・・・

DSCF3894.jpg

ゾーンファイターのマスクやスーツの一部が展示されています。
欲を言えば「流星ミサイルマイト」も近くで見てみたかったです(;'∀')

年代から考えると保存の状態も良好で、独特の質感もケース越しに伝わって来るような印象を
受けました。

こんなに魅力的な展示物が多かったんですが、これらはまだ一階の展示スペースですので
二階にはまだまだ・・・

二階の展示物に関してはまた次回の更新でお伝え致します!(^^)!

では、また次回おあいしましょう(^^)/

雑談 | コメント:2 | トラックバック:0 |

君を見つめて

自分の歩いていく道がすでに決定されている世界。
すべてが管理される閉ざされた社会
少女には、それが当然だった。たった一人の少年と出逢うまでは。

父の呪縛から逃れるため、新たなる未来を切り開くため、少女もまた戦士へと
変貌する。

本日はこちらをご紹介・・・



「RE1/100 ビギナ・ギナ」です(^^)v
前回ご紹介したF91と一緒に購入された方も多いはず、上映当時のキット化から随分待たれた方も
多いはず、REブランドで待望のキット化となりました。

既存のキットが当時モノのため、時代の流れと技術の進歩もあり比べるまでもありませんが
91と並べても違和感ない仕上がりとなっています。

いつもサクサク組めるのがウリのREブランドでしたが、私だけかもしれませんが、キットの構造も
少し複雑な感じがしました(;'∀')

キットの出来は小型MSのスマートさも惜しみなく再現。
武装も基本的なビームライフルからビームランチャー、サーベルももちろん付属。

コクピット周囲の装甲が鹵獲前と鹵獲後の2種類が付属しており、まさに完全版といった
所でしょうか。
特徴的なフィン・ノズルを装備したバックパックも美しいシルエットを際立たせますよね。

早速、バリエーション機として、ベラ・ロナスぺシャルもプレバンから発売。こちらも
気になるトコロですね(^_-)-☆

映画単発ということでなかなか日の目を見ることのないF91のMS達ですが、メインの91とビギナ・ギナ
がラインナップされ・・・今後も!(^^)!

とはなかなかなりにくいかもしれませんが、せめてベルガ・ダラスくらいはラインナップに加えて欲しい
ですねぇ('◇')ゞ

この時代のMS達って結構魅力的なデザインが多いですよね(^_-)-☆

ちょっと停滞気味だったREブランドでしたが、初期のころの勢いをもう一度ww
と思ってしまいます( ˘ω˘ )

個人的にはヤクト・ドーガは後でもいいのでは・・・と思いますが・・
まぁ今後のラインナップも見守るとしましょう♪

では、また次回おあいしましょう(^^)/






玩具 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ほほえみは光る風の中

ささやかな日常を崩壊させる戦禍
少年は母の祈りを胸に戦場へ・・・

最愛の人との出逢いは戦場
ごく普通の少年は戦場に咲く一輪の花を守るため
戦士へと変わる。

本日はこちらをご紹介・・・



「MG1/100 ガンダムF91 ver2.0」です(^^)v
いやぁ皆様、お久しぶりです。
またまた更新をサボってしまいました(-_-;)

積んでいたプラモも、ちと消化出来たんで、久々の更新です(^_-)-☆

発売してから暫く経過してしまい、旬を逃した感がありますが、よろしくお付き合いください(;'∀')

今回のF91は通常のMSに比べて世代的に小型化されたMSのため、当然スケールも小さくなって
いますが、その分細部のディテールはなかなかのモノ

あんまり商品化に恵まれてこなかったF91、前作のラフレシアのディスプレイスタンドが付属した
MGから結構経ちましたが待望のVer2.0化ですね。

個人的にも大好きなMSですので即購入と相成りました(^^♪

組み立ててみますと、小柄な割に情報量が多く、サクッと組めるかと思いきや、結構時間が
かかってしまいました(;'∀')

今回の目玉ギミックは、何といっても、今まで差し替えでしか再現されてこなかったフェイスオープン
ギミックが差し替えなしのオリジナル可変で再現されていることではないでしょうか( ˘ω˘ )

両肩のフィン、フェイスオープンとリミッター解除状態のF91を再現するには欠かせないギミックは
もれなく差し替えなしで再現されています。

映画公開はMS名の通り、1991年、最近では4Kマスターのブルーレイも発売されたりして、皆さんも
目にする機会が多いのではないでしょうか( ˘ω˘ )

この作品の主人公、シーブックとセシリーは数あるガンダム作品の中でも後日譚が描かれたりと
ピックアップされる機会も多く、数少ないハッピーエンドを迎えたカップルでもあります。

続編にあたるクロスボーンガンダムシリーズでもシーブックは宇宙海賊として登場しますが
彼の行動基準はすべてセシリーのため!(^^)!

最近の草食系男子は見習うべきだと思いますww

少し話が脱線してしまいましたが、注目のフェイスオープンギミック、是非体験してくださいね。
もちろんそれ以外の可動やフォルムも十分再現されていますので、手に取ってみてください!(^^)!

あ、もし購入される場合は、セシリーのビギナ・ギナも一緒に購入してあげてくださいね(^_-)-☆

連日続く、猛暑、皆さんも体調管理には十分気を付けてください。冷房ガンガンの部屋で
プラモ!(^^)!なんて私は大正義☆だと思いますよ。

では、また次回お会いしましょう(^^)/



玩具 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。