FC2ブログ

特撮倶楽部~ソイレントグリーンの部屋~

趣味のグッズの公開、同じ趣味の人たちとの交流。よかったらコメントお願いします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

年末年始のお楽しみ♪

激突する本能、手に汗握るスペクタクル
空想特撮の産物が手元に・・・

本日はこちらをご紹介・・・
DSCF3787.jpg

「東宝特撮ブルーレイコレクション フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」です(^^)v

早いもので今年も残りわずか・・・
世間も段々と慌ただしくなり、師走も佳境。

自分用に、少し早いクリスマスプレゼントということで、ついついポチってしまいました(;''∀'')
サンダ対ガイラ!(^^)!

別に新製品ではないんですが、私が幼かったころはまだ、BS、CSもそこまで普及しておらず
年末には、なぜか真昼間から怪獣映画の再放送がありました。
(サンダ対ガイラが放送されていたわけではありませんが・・・)

そういうこともあってか、年末になると怪獣映画が観たくなる衝動に駆られてしまうのでした。

しかし、今まで、VHSのダビングでしか観ていなかった、この「サンダ対ガイラ」
作品の素晴らしさは、今更、私が語ることもありませんが・・・

何とも素晴らしき高画質!(^^)!

いやぁ、もう新作かと思うほどの鮮明な画質に今更ながら衝撃を受けたのでした(;'∀')

未だに数ある東宝特撮作品の中でもトップクラスの人気を誇る本作
本多監督に円谷特撮、伊福部サウンドと、何処をどうやってもハズレはないという鉄壁の布陣で
根強い人気を維持。

サントラが出たり、ネット販売とはいえ、ソフビが発売されたりと、未だにその人気は衰え知らず。
子どもの観る怪獣映画には刺激的すぎるガイラには、レジェンド・オブ・ゴジラこと中島春雄氏
(早すぎる訃報が悔やまれてなりません)

映像面においてもメーサー戦車の掃射場面からクライマックスの市街戦まで、まさに息をのむような
ダイナミックな演出で、東宝特撮の真骨頂といったトコロでしょうか。

そして、映像特典も充実しており、当時のソノシートが復刻で収録されていたり、
オーディオコメンタリーも、前作の「フランケンシュタイン対バラゴン」と本作のヒロイン
水野久美氏の解説が収録されており何度も楽しめる内容となっています。

最近ではレンタルやBS、CS、配信等の爆発的な普及により、どんな作品も観たい時に観れるご時世
になりました。

こうして至極の一本を手元に置いておきたいと思いませんか??

リアルタイムのスクリーン視聴には及ばないかもしれませんが、
年末年始、ゆったりと自宅で高画質なブルーレイ鑑賞というのはいかがでしょうか?

私の住む地方では、ローカルテレビで、紅白の裏にウルトラセブン終盤一挙放送があったり
するんで目が離せません。

今年も皆様、お世話になりました。
よいお年をお迎えくださいね。

では、また次回おあいしましょう(^^)/

スポンサーサイト

雑談 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<原点と未来 | ホーム | アステロイドベルトまで行った人間が戻ってくるって言うのはな、人間がまだ地球の重力に引かれて飛べないって、証拠だろ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。