FC2ブログ

特撮倶楽部~ソイレントグリーンの部屋~

趣味のグッズの公開、同じ趣味の人たちとの交流。よかったらコメントお願いします。

勝った方が人類最大の敵になる

愛する娘のため、自身が追求する科学のため
人間のエゴが暴走する時、かつてない進化が人類の前に立ちふさがる。

哀しき咆哮が、人類にまた再び警鐘を告げる。

本日はこちらをご紹介・・・

DSCF3848.jpg

発売されてから随分経ってしまいましたが、「ムービーモンスターシリーズ ビオランテ」です(^^)v

定期的に再販を繰り返しているムビモンシリーズですが、祝!!商品化!っていう言葉が
こんなにふさわしい商品も珍しいと思います。

1984年のゴジラ復活から5年の沈黙を破り公開された映画「ゴジラVSビオランテ」に登場する
ライバル怪獣。

G細胞と薔薇を掛け合わせて誕生したバイオ怪獣。
名前の由来は、北欧神話の植物の精霊の名前からみたいですね。

今回、商品化されたのはゴジラと激突する最終形態。
薔薇の遺伝子よりゴジラの細胞のほうが多い形態です。

植物の遺伝子が組み込まれているだけあり、触手が印象的。
ゴジラを苦しめたのもこの触手でした。

今回のソフビでも触手はよく再現されており、前方の触手は回転します。

形態から想像できるように安定感があり、ディスプレイも安心ww
戦闘的なワニを思わせる強靭な顎も開いた状態で再現されており、戦闘的なイメージ
が強調されますね。

後ろ姿はこちら・・・

DSCF3849.jpg

植物っぽい葉脈や茎も再現されていますね。
ゴジラとの戦闘シーンは、夜の芦ノ湖
映像では確認しきれなかった部分も、こうして立体化されると余すとこなく
堪能できますよね(^^♪

おなじみのタグは・・・

DSCF3850.jpg

随分前の作品でありながらVSシリーズでは屈指の人気を誇るこのビオランテ
映像作品としての評価も高く、あの、すぎやまこういち先生が音楽に参加したことでも有名になりました。
ランキングでも1位になるくらいですからね。

私が個人的に大好きなシーンは、子どもたちが同じ夢を見たという事実を確認しにいく主人公たち
どんな夢かと尋ねると全員一斉にあの怪獣王の姿を見せるのです。

そこにかぶさる伊福部テーマに、前作のゴジラ1984で最後に落下した三原山火口からの
復活!(^^)!

まさに、怪獣王ここにあり!という感じでいまだに見返す大好きなシーンの一つです。

最後は・・・

DSCF3851.jpg

同時発売の機龍と記念撮影ww

機龍もまた紹介しますw

今後も展開していってほしいムービーモンスターシリーズ色んな怪獣が再販される
のを期待しています(^_-)-☆

では、また次回おあいしましょう(^^)/
スポンサーサイト

ソフビ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ほほえみは光る風の中 | ホーム | 太古からの超進化>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |